前回、目のあたりのト

前回、目のあたりのトラブルに有効なマテリアルとして、「細胞日にち脂質系の保湿マテリアル(セラミドなど)」や「ビタミンC」についてごアナウンスしました。
今回はその続きとして、他のビタミンやそのインパクトをご紹介します。

○レチノール
ビタミンAの1元凶で、がんらい人間の体内に存在するものです。
線維芽細胞に呼び掛ける結果、真皮のコラーゲンを繰り返す効果が期待できるマテリアルだ。
目のあたりのトラブルは、シワ・たるみの要因です「コラーゲンの減額」なので、それを引き止める効果があるわけです。
レチノールを含有しているコスメティックは、目のあたり心配りは魅力の大きい物品としてよいと思います。

○アルファヒドロキシ酸
AHAピーリングコスメに配合されているマテリアルだ。
表皮の新陳代謝を活性化することで、結果的にコラーゲンの増強につながります。

○ナイアシン(ビタミンB3)
表皮の新陳代謝を活性化することで、表皮に張りを出します。
攻撃が速く、使いやすいのがカテゴリーで、表皮のない人物や過敏表皮において、シワやたるみをケアしていきたい人物が取り扱うには有効なマテリアルですよ。顔のしわシミたるみに効く方法とは